toggle
湘南辻堂・くせ毛を活かすカットが得意な美容室
2020-04-02

おうちで簡単時短ごはん〜

こんにちは。だいぶ投稿をご無沙汰してしまいました。

世の中コロナで大変なことになっておりますが、
どうか皆さん、不安や恐怖などの気持ちを増幅せず、でも軽視し過ぎず、
しっかりと日々自分の中の感覚を大切に過ごしていただきたいという思いです。

さて、この状況でおうちごはんが基本になっていらっしゃると思います。
レトルトやカップ麺などの加工食品は化学調味料など添加物、砂糖もとても多く入ってるものばかりですのでほんとにたまに食べるか緊急時にした方がよいと思います。

それよりも簡単に早く食べれるものを作る習慣を身につけていくのがいいかもしれません。

時々お客さまから「いつも何食べてるんですか〜?」と聞かれるので、
今回は簡単時短ごはんをご紹介いたします〜

ほんとに簡単すぎて参考にならないかもですが(汗)

仕事の日、遅くなってしまい、料理は簡単に済ませて早く食事したい!という時これを使います。


このシリーズは簡単で、フォーは1分、パッタイは3分〜5分お湯に浸けておくだけですぐ使えます。

先日は写真右のパッタイを使って、「ケールと椎茸のパッタイチャンプルー」作りました。

他の材料は、ケール、椎茸、豆腐、卵、鰹節、オリーブオイル、塩、醤油です。

パッタイ用にお湯を用意しておきます。

私は無水調理用フライパンを使っています。
フライパンに薄く水を張り、薄くスライスした椎茸とお豆腐を入れて蓋して火にかけます。
この時に玄米パッタイをボウルに入れてお湯で戻しておきます。ビーフンの場合はもう少しあとで用意します。

沸騰したらケールを入れてまた蓋します。1分後くらいにオリーブオイル、塩、お醤油を回し入れ、
混ぜたら卵を割り入れざっくり混ぜたらまた蓋をします。

1分後くらいにお湯で戻したパッタイをほぐしながらフライパンに入れて全体的に混ぜ合わせ、
さらに塩か醤油で味の調整をして火を止め鰹節をかけて出来上がりです。

調理しだして15分くらいでできます。
家族が多いと量も増えるのでちょっと時間かかるかもですが・・・

あと、
今日の夕飯は、もう一つ別の種類の太めの麺を見つけたので、

「かぶとマッシュルームの豆乳クリームパスタ」にしました〜

材料は、かぶ(葉っぱも)、マッシュルーム、豆乳、米粉(片栗粉)、オリーブオイル、味噌、塩、ブラックペッパーです。

作り方は、まず麺を用意しておきます。この麺は沸騰したお湯に10分浸けておきます。
その間に、フライパンに薄く水を張って、スライスしたマッシュルームを入れて蓋して火にかけます。

豆乳一人分で150ccくらいに米粉を大さじ2くらい混ぜておきます。
マッシュルームに充分火が通ったらスライスしたかぶを入れまた蓋します。
かぶは少し食感が残るくらいに火を通したら葉っぱとオリーブオイルを入れます。

しんなりしてきたら、お味噌を入れて馴染ませ豆乳を入れ混ぜ合わせると少しとろみが出てくるので
戻しておいた麺を入れてさらに混ぜ合わせます。この時に塩で味の調整します。
火を止めてブラックペッパーを粗挽きでかけて出来上がりですー

これも15分くらいでできます。

ガーリックやベーコンが好きな方は入れるといいかもしれません。
私はどちらも苦手ですので入れません>_<

この太麺のレシピはヴィーガンの方にも良いですね。
私はヴィーガンではありませんがお肉はほとんど食べません。食べるとしたらたまに鶏肉すこーし食べるくらいです。できればお肉はあまり食べたくないのでタンパク質はお豆類や卵、魚で摂ります。

また別の機会にお魚レシピとかもご紹介できればと思います。

それでは、みなさまどうか体調崩さないようにご自愛ください〜

関連記事