toggle
湘南辻堂・くせ毛を活かすカットが得意な美容室

くせ毛には絶対の自信あり!

300_04Salon De Mineは、
くせ毛には絶対の自信あり!

理由は・・・
わたしがくせ毛だから。

ただ、自信ありというよりあきらめたくない感じです(笑)

「くせ毛のカット」は実際にムズかしいです。でもそれ以上にムズかしいのが「価値観が合う美容師との出会い」

それをわたしの経験が教えてくれました・・・

小学生】
くせ毛と自覚したのは小学生。
当時のわたしは、クラスでいちばん小さく髪もクリクリだったので、よく女の子に間違われイヤでした(笑)

既にこの時からわたしの髪の悩みは始まって…

中学生
近所の床屋さんで学生カットというと丸刈りかタラちゃんカットの2択でした。

なので
いつもタラちゃんヘアで短かったのでくせ毛は目立ちませんでしたが、
まゆ前で青刈りに・・・

男子中学生にとってこれはチョットした公開〇刑でした(笑)

(そもそもタラちゃんって幼稚園生じゃろ?)

高校生】
まだまだ世間を知らない生意気なわたしは、高校生になればオシャレな髪形になると勝手に思い込んでいました。

カラーやパーマをしている兄を見ていたからです。

なので、
わたしは兄と同じ高校を選びました。

高校での目標は
オシャレなクラスメイトに行きつけ美容室を聞いて「オシャレ高校生」になることでした。


【初めての美容室】

今でも感動は忘れられません・・・

~放課後~
いよいよ美容室へ!

クラスメイトに連れられオシャレなサロンのドアをくぐりました。

その空間は、
自分の知っている世界とはまったくの異空間

そこにいる美容師さんたちはキラキラしていて、
踊っているようにすら見えました(笑)

そしていよいよ鏡の席に座り美容師さんにオーダー。

「マッチみたいに横に流れるサイドバックのパーマをかけてください」
(おしゃれな友人のアドバイス)

※マッチ:当時ジャニーズのトップアイドル

そして施術がスタート(でも感動はここまで…)

 

結果・・・


【ブロッコリー?】
あれ?オデコ全開?!
縮まった前髪を引っ張っても3㎝しかない・・・

ヤバい
イケてるどころかイっちゃてる(笑)

「どう?」と言われて

わたしは「伝えたのと違うのですけど…」

すると
美容師のお兄さん「キミの髪質じゃムリだよ!」

(ムリの理由は「くせ毛だからだそう」)

ガーン!そんなこと言われても・・・

なら最初に言って欲しかった。
こういう価値観が違っていたのでしょうか・・・

そんなんで、
わたしの「はじめての美容室」は残念感でいっぱいに。


【理想】

これを機にわたしは考えました。

「どんな髪質でも扱い方というのはあるはず!」

それからはバイトの給料が入るたびにくせ毛の扱いを知っている美容師さんを探す旅に・・・


長い旅の結論はこれでした…。

 

【美容師になる】

わたしの場合は「自分でやるしかない(笑)」

 

諦めずにコツコツやっていくと分かってきました。

どんな髪質であろうが
オシャレに仕上げるという意識の方が大切という事が。

 

そして
厳しい言い方になりますが
やはり人任せではなく自分ごととして向き合うことなのかも。

 

【さいごに】
お客様にとって美容室は、
美容師の手が直接触れる場ですのでお互いの相性というか
ものの見方を広げてくれる関係が理想かと。

価値観が合う美容師との出会いは冒険とおなじです。

準備あっての冒険。

以上Mine店長ユージでした☆

ご新規様用メニュー→≪クリック≫