toggle
湘南辻堂・くせ毛を活かすカットが得意な美容室

くせ毛には絶対の自信あり!

300_04Salon De Mineは、
くせ毛には絶対の自信あり!

理由は・・・
店長がくせ毛だから。

ただ、自信ありというより自分自身があきらめたくない感じです(笑)

厳密は「くせ毛が難しい」というよりは「価値観が同じ美容師と出会い仕上げることが難しい」だけなのです。

わたしの人生がそれを教えてくれました・・・

小学生】
くせ毛と自覚したのは小学生でした。
当時のわたしは、クラスでいちばん小さく髪もクリクリだったので、よく女の子に間違われてとてもイヤでした(笑)

既にこの時からわたしの髪の悩みは始まっていました…

中学生
近所の床屋さんでは学生カットというと〈丸刈り〉か〈タラちゃんカット〉しかやってもらえませんでした。

なので
いつもタラちゃんヘアで短かったのでくせ毛は目立ちませんでしたが、
眉前で青刈りに・・・

中学男子にとってこれはチョットした公開〇刑でした(笑)
そもそもタラちゃんって年いくつだっけ?

高校生】
まだまだ世の中を知らないわたしは、公立高校に行けば自由にオシャレな髪形ができると思い込んでいました。

カラーやパーマは自由という高校に通っていた年上の兄を見ていたからです。

なので、
わたしは兄と同じ高校を選びました。

高校での目標は
オシャレなクラスメイトに行きつけの美容室を聞いて「オシャレ高校生」になることでした!!!

高校に入った目的はコレだった(笑)


【初めての美容室】

~放課後~
いよいよ美容室へ!

今でも忘れられません・・・
オシャレなクラスメイトに連れられて
サロンのドアをくぐった時の感動☆

その空間は、
自分の知っている世界とはまったくの異空間

そこにいる美容師さんたちもキラキラしていて、
踊っているようにすら見えました。

期待度はMAXに!

そしていよいよセット面(椅子)に座り美容師のお兄さんにオーダー。

「マッチみたいに横に流れるサイドバックのパーマをかけてください」
(おしゃれクラスメイトのアドバイス)

※マッチ:当時ジャニーズのトップアイドル

(途中割愛🌷)

そして、
その結果なんと・・・


【チリッチリのブロッコリー頭?!】
オデコ全開?!
縮まった前髪は引っ張って3㎝・・・

「イケてる」どころかイっちゃてる(笑)

そして
美容師のお兄さん→「キミの髪質じゃ無理だよ!」
(失敗の理由は「くせ毛だから」だそうでした)

ガーン!
そんなこと言われても・・・

なら最初に言って欲しかった。
きっと価値観が違いすぎたのでしょう・・・

そんなことで、
わたしの「はじめての美容室」は本当に残念感でいっぱい。


【理想】

これを機にわたしは考えました!

「どんな髪質でも扱い方というのがあるはず!」
バイトで稼いだ小遣いを手にくせ毛の扱いを知っている美容師さんを探す旅に・・・


【美容師になる】

結論・・・髪質だけの問題ではない。

わたしの場合は「自分でやるしかない!」
コレが結論でした(笑)

あきらめが悪い性格?!が功を奏したようで
どんな髪質であってもオシャレに仕上げられるコツ・法則はあることをに気付き毎日を楽しめる様になってきました。

おかげさまでMineのお客様は「自分の髪が好きになりました☆」とオシャレを楽しむ方もたくさんいて嬉しいかぎりです。

【さいごに】
そもそも論となりますが言わせてください。

※どんな髪質も簡単であり難しくもある

①上記を理解する。

②価値観が合う美容師さんと一緒に
あなたの個性が生きるファッションをデザインする

③それにエネルギーを投下し仲間と楽しむ♪

まずは
あなたと価値観を共有できる美容師と出会えるか。

以上ユージでした☆

初めてのお客様用メニュー→≪クリック≫