toggle
湘南辻堂・くせ毛を活かすカットが得意な美容室
2020-08-06

よもぎの効果って?

本格的な夏になりましたね。熱中症や夏バテには充分注意しなければですね。

さて、わたしが大好きな「よもぎ」なんですが、こんな暑さにも負けない体づくりの助けになるかなと思いますー

 

だいぶ前の甘酒の記事でもお伝えしましたが

甘酒をここ数年ずっとのんでいて昨年秋くらいからほぼ毎日のように甘酒に「よもぎ」を混ぜて飲んでいます。

 

書籍やネットなどの中で言われている共通の効能としては主に、

・浄血作用

・温熱作用

・抗酸化

・抗糖化

なんか嬉しい作用ばかりです^ ^ 特に抗糖化はいいですね。

よもぎの抗糖化の役割としては、

体内にできてしまった老化促進させる「AGEs細胞」というこれを分解するというものです。

AGEs細胞は体内のタンパク質と糖がくっついてまるでパンケーキのような焦げたような細胞ができてしまい老化させるというものでした。

それを分解してくれるなんて嬉しいですね。

 

もちろんそれに頼りすぎず、なるべく糖化させるようなものを取り込まないのが大事ですが。

私の場合、例えば甘いものや糖質を食べた時は一緒によもぎ茶をいただきます。

昨日は久しぶりに思いついておやつを作りました〜

「焼かないクッキー」としました(笑)

甘みが少なくて低GIなのでで脳やカラダにそれほど負担はかけないかなと思います。

実は大豆コーヒーというのを試してみたのですが、「ちょっとこれは…きなこじゃん。。」お湯や豆乳などを注ぐだけとあったのですが、コーヒーとは程遠く、私の好みではありませんでしたので、お菓子に変身させました〜

・大豆コーヒー

・デーツ

・ナッツ

・白ごま、黒ごま

・玄米水飴

・シナモン

以上の分量は適当に混ぜてこねて、冷やしてできあがり。デーツ自体は甘いですが、いろいろ混ぜてるので甘さは弱くなります。

玄米水飴は維ぎになります。そんなにたくさん入れなくてもまとまってくれます。

このよもぎ茶はハーブティーのようなちょっと苦みのある味です。

 

私のお気に入りはオーサワのよもぎ粉です。甘酒に入れるとほんとに美味しい〜おすすめです^ ^

関連記事