toggle
湘南辻堂・くせ毛を活かすカットが得意な美容室
2021-11-04

neoに?!

こんにちはMine店長ユージです☆

ひとの思考は言語でつくられる・・・

 

口癖。
それは良く使う言語。

ひとは
困難な問題に直面した時に「いつもの口癖」によって、解決レベルが決められてしまっているようです。

逆に言えば・・・

口癖を選ぶだ
けで解決レベルはもっと上げられるというお話です
(毎度おなじみ根拠なき個人的感想ですw)


これのレベル高い方が
楽しそうじゃないですか?

 

マトリッ〇ス第一作で、
主役のネオが長時間かけて膨大な格闘技情報を思考回路にダウンロードし、最強スキルを身に付けたように

これは、自分という素敵なキャラに
ズバッと解決” (←ダサw)というアプリをインストールし、
使えば良いだけの簡単なお仕事です。

 

(映画とは違いダウンロード不要のインストールのみなのでお気楽に~♪)

 

説明します!

 

例えば・・・
「だって」「でも」「しょうがない」が口癖の思考アプリを選ぶと
限定的(思い込み系)な回答しか出てきません。

しかも、
それは子どもがググっても出てくるレベルの正しい回答です。

 

(「それで自分は十分!」という方はココまでで良いかと・・・)

 

だって
そういうのが正しい回答なら概ね解決していますでしょ?問題なんて・・・

 

 

(さらに深掘る↓)

 

では
いったいどんな言葉を口癖にすることで
レベルの高い回答の思考回路を選べるのでしょうか?

ズバッと解決アプリを
自分にインストールするキーワードとは・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「それならば・・・」です。

 

 

 


「それならば」のカプセル。

なにか問題に直面した時にコレを口にしてみる(一日30粒)

※マイネのメンバーさまは意識・無意識に限らず、こういう思考をお持ちの方が大多数ではないかと勝手ながら認識しておりますが、この言葉が重要と再確認されることでパワーがさらに上がり続けるのであればこんな良いことはないと思います(笑)

 

今回は以上です。
ユージでした☆

関連記事