toggle
湘南辻堂・くせ毛を活かすカットが得意な美容室
2021-06-12

パワーのしくみ

こんにちはMine店長ユージです☆

いつもMineを応援してくださりありがとうございます。
今回は「パワー(力)」についてまとめてみました。

何をやるにしてもパワーはある方が良いですよね?

パワー!
それは・・・ニューロン(脳の神経細胞)

シェアさせてください。

まずは
「いつも元気な人」と「いつも弱含んでいる人」とのちがいを脳科学の世界で考えてみます。

(※脳の専門家ではないのでテキトーですw)

脳細胞に信号を送るのがニューロン
細胞と細胞はニューロンを通じて情報を共有している感じ。
(脳細胞とニューロンをつなぐ部分がシナプス)

これを
人間ドラマにしてみると・・・

「主人公が友人に糸電話で何かを伝えている」という感じで
糸電話の糸がニューロンです。

 

主人公が友人に話をするほどお互いの情報は増えていき
糸はより太くなり、より多くの情報を共有します。

つまり
頻繁に連絡するようになりレスポンスの高い仲良しさんに。

この反対は
疎遠になり最後はお互い弱含んでだんだん小さくなって消えてしまいます。

脳細胞はこうして疎遠な関係は消えて、仲良し同志の繋がりはどんどんパワフルに発展する仕組みだそうです。

これがブドウのように立体的に繋がり、
さらにブドウ同士が繋がって大きくなるイメージ。

これ何かに似ていませんか?

そうです。
インターネットや人間のコミュニティーですね。
鉄道とかもそうですね。

パワーの源は
繋がりです。

ちゃんと繋がり情報を伝えること。

さあそこで出てくるのがシナプスです。
これはツールみたいな。

なにかと言うと・・・
「言葉です」

そして、言葉にはうまい使い方があります。

たとえば・・・
親しい人につい
こうなってほしい」
これやって」
こうしないでくれ」という言い方をしてしまいます。

これが悪いと言っている訳ではないのですが

「この穴を覗かないでください」→●
「このボタンをクリックしないでください」→〈クリック〉

どうですか?
なんかウズウズしてきませんか(笑)

なので
さっきのをこう変えてみる↓

「いつもこうなってくれてありがとう」
こうやってくれるから助かる」
こうしないから安心」

本来は間違っていると感じる逆張り的な言い方ですが
脳は言葉そのままの情景をイメージして、できるだけそうあろうとする仕組みらしいのでやってみる価値あるかも(笑)

 

こうやって人と人は太く繋がれる。
この繋がりがパワーの源となれば良いですネ!

ユージでした☆

関連記事