toggle
湘南辻堂・くせ毛を活かすカットが得意な美容室

くせ毛には絶対の自信あり

300_04Salon De Mineは、くせ毛のお客さまに絶対の自信があります!
理由は・・・店長がくせ毛だからです。

 

【くせ毛の小学生】
自分がくせ毛と自覚したのは小学生でした。
当時の私は、クラスでいちばん背が低く、髪もクリクリだったためか女の子と間違われることが多く、それがとてもイヤでした(笑)

既にこの時からわたしの髪の悩みは始まっていました…

 

【タラちゃん中学生
近所の床屋さんの子供カットは〈スポーツ刈り〉か〈タラちゃんカット〉のどちらかしかありませんでした。

母親や部活の先生に「髪切りなさい」と言われると「今ちょうど良いからまだ大丈夫…」と反発!
しかし、そんな小さな抵抗は長く続きません。
スポーツ刈りだけは避けたかったので、いつものタラちゃんカットに…(苦笑)

 

自由な高校生】
私は、公立高校に行けばオシャレが自由にできると思っていました。

中学では不良しかやらないカラーやパーマの生徒が”公立高校”という所には普通のことを一つ年上の兄を見て分かっていたからです。

なので、私は兄と同じ高校に入学。
高校生になってまず最初にやったことは、オシャレなクラスメイトに行きつけの美容室を紹介してもらい〈オシャレな髪形にする〉でした!!!

だって公立高校に入った目的はコレだったので(笑)

 

【初めての美容室のカット&パーマ】
いよいよ憧れの美容室に!
オシャレなクラスメイトに連れられてサロンのドアをくぐった瞬間の感動は今も忘れられません。

その空間は、自分の知っている世界とはなにかがちがうキラキラした場所でした。
そこにいるお姉さんやお兄さんもキラキラしていて、私には踊っているようにさえ見えました。

わたしの期待は最高潮。

 

そして、その結果は・・・(途中は割愛させて頂きます)

 

チリッチリのブロッコリー頭?!
しかも、前髪が3㎝くらいしかなく「イケてる」どころか「イっちゃてる感じ?!」

 

その時の美容師さんは言いました・・・
「キミの髪質じゃ思った通りにならないよ!」
ショックでした・・・

「チクショウ!そんなこと言われてもどうすればいいんだヨ!!!」

それから2か月くらいは、そんな”オデコ全開チリチリ頭”の自分を「誰にも見られたくない!」と思いながら、アリよりも小さくなってなんとか生き延びていたような気がします(笑)

 

そんなこんなで、はじめての美容室は本当にガッカリでした・・・

 

【理想】
しかし、私はここから強くなりました。
「こんな自分でもオシャレな髪形に絶対なれるはず!!!」とつよく信じ、バイトでお小遣いを稼ぎ理想の美容室をさがしました。

 

【現実は】
残念ながらなかなか希望どおりにはいかず、「くせが強いから」「髪質が悪いから」などの理由でムリと結局は変な髪型に・・・

最初は「余裕でできるよ」的な言動と態度で、話す内容も自慢話や「シッカリしなきゃダメじゃん」とか上から目線でいながら、結果に意見すると「髪質が悪いのが原因」と言い、その後も親身に考えてくれるでもなく、前向きな意見や提案すらないチャラチャラした奴らの言う〈真実〉というものを教えて頂いた感じです。

私は、身も心も八方ふさがりになり短くなった髪を指先で引っ張りながらトボトボ家に歩いて帰るのでした・・・チッ〇ショー!バ〇ヤロー!美容師なんてマジで大キ〇イだ(超ブラックユージ)

 

【大キ〇イな美容師に】
なんで?!
私が美容師を目指した理由はいろいろありましたが「自分の髪は自分でやるしかない!」と思ったからです。

おかげさまで、その願いはどうにか叶いました。
自分の髪を自分で思い通りにコントロールできるようにはなってきました。

 

助けてくれているのは「セルフプロデュース」の意識です☆

・自分のなりたい理想は情報収集し、自分で決める
・使いやすいツールにこだわる
・それを理解してくれる美容師さんと仲良くなる

 

 

【くせ毛が難しい本当の理由】
「くせ毛には絶対の自信がある」とさんざん言っておきながら今更こんなことを言うのもなんですが
正直言って「くせ毛はムズかしいです」

 

理由は・・・
わたしたちが「ステキだなぁ♡」と思う髪型の多く(ほとんどかも?!)は、ツヤツヤしたキレイな直毛のモデルさんからクリエイトされた作品だからです。

つまり
クセ毛の人をターゲットにしていません。

トレンドを仕掛けるファッション業界において
服と連動したトレンドヘアをコーディネイトする時に、チリチリパサパサのくせ毛のモデルさんをわざわざ選ばないということです。

もちろん、例外もあるとは思いますが・・・
果たして、そのジャンルに「大勢がお金を払い毎日手をかけててでも欲しがるモノか?」を考えればイメージできるはず。

※クセ毛をターゲットにしているのは・・・
ストレート系のパーマやクセ毛用シャンプー&トリートメントなどです。
これらも「今より真っ直ぐになるんだから他の事はガマンして当然でしょ?」くらい大雑把なクオリティーのものが多いので、プロ並みのスキルがなければデメリットが目立つのは当然です。

 

 

ここからが本当のスタートラインです!
みんな(一般)と同じやり方では難しいことが分かったら、気合を入れ直しましょう!

 

「押してダメなら?」

 

という感じでご一緒に色々やってましょう。
毎朝鏡の中の自分に「ステキだ!」と言える日まで(笑)

 

最後まで読んでいただいたお礼です…
もしも「ステキな髪形」を探しているならば
「ステキな人物」にフォーカスすることをお試しください。

 

もっと自分の魅力を高めたい方は、どうぞご相談ください。

ご予約はココ→≪クリック≫