toggle
湘南辻堂・くせ毛を活かすカットが得意な美容室

くせ毛には絶対の自信あり

300_04Salon De Mineは、くせ毛のお客さまに絶対の自信があります。
店長がくせ毛だから。

【くせ毛の小学生】
自分がくせ毛と自覚したのは小学生でした。
当時私は、クラスで一番背が低く髪もクリクリだったため、女の子と間違われることが多くとてもイヤでした(笑)

【タラちゃん中学生
近所の床屋さんの子供カットは大体〈スポーツ刈り〉か〈タラちゃんカット〉のどちらかしかありませんでした。私はみんなと同じ大量生産のダサい髪形は絶対イヤだったので作戦をたてました。
母親や部活の先生に「髪切りなさい」と言われると「今ちょうど良いから切りたくない!」と権力に反発しました。そんな抵抗も長くは続きません、結局最後はいつも通りのタラちゃんカットに・・・(苦笑)

自由な高校生】
私は、公立高校に行けば好きにオシャレができると思っていました。
中学では不良しかやらないカラーやパーマの生徒が公立高校には沢山いたからです。
なので、私は高校生になってすぐにオシャレなクラスメイトに行きつけの美容室を紹介してもらい〈オシャレな髪形にする〉という夢を叶えることに!!!

【初めての美容室のカット&パーマ】
結果は・・・チリッチリのブロッコリー頭?!でした。
しかも、前髪が3㎝くらいしかなく「イケてる」どころか「逝っちゃてる感じ」に!!!

その時の美容師さんは言いました「キミの髪質じゃ思った通りにならないよ!」
ショックでした・・・チクショウ!そんなこと言われても今から直毛には生まれ変われないヨ!!!

それから2か月くらいは誰にも見られたくないと思いながら、アリよりも小さくなっていました。

そんなんで、はじめての美容室はほんとガッカリでした(苦笑)

【理想】
しかし、私はここから強くなりました。
「こんな自分でもオシャレな髪形に絶対なれるはず!!!」とつよく信じ、バイトでお小遣いを稼ぎ理想の美容室をさがしました。

【現実は】
残念ながらなかなか希望どおりにはいかず、「くせが強いから」「髪質が悪いから」などの理由でムリと言われ中途半端で変なヘアスタイルに・・・

決まったことしかやらずに、対応できないことは材料が悪いと言い張りなんの努力もせずに知恵すら絞らない〈プロと言い張るチャラチャラした人達の信じる現実〉というものを教えて頂いた私は、身も心も八方ふさがりになり短くなった髪を引っ張りながら絶望という名のベールを纏いトボトボと歩いて家に帰るのでした・・・バカヤロー!美容師なんて大キライだ(笑)

【美容師になる】
私が美容師を目指した理由はいろいろありましたが「自分の髪は自分でやるしかない!」と思ったからです。
おかげさまで、その願いはどうにか叶いました!

そんなSalon De Mineには、自分と同じようなくせ毛のお客さんが多く来られます。
共感率が高いからでしょうか?

とはいえ「くせ毛には絶対の自信がある」と言っておきながら、こんなことを言うのもなんですが、正直言って「くせ毛は超ムズかしいです!!!」

でもお互いに「限界だー」ってとこまでトコトンやってみるのです(笑)
あなたが自分を「うゎー私ちょーオシャレじゃん!」となる日まで・・・。

もっと自分の魅力を高めたい方は、どうぞご相談ください。

ご予約はココ→≪クリック≫