toggle
湘南辻堂・くせ毛を活かすカットが得意な美容室

くせ毛には絶対の自信あり

300_04Salon De Mineは、
くせ毛のお客さまに絶対の自信があります!

理由は・・・

店長がくせ毛だからです。

 

 

【くせ毛小学生】
自分がくせ毛と自覚したのは小学生でした。
当時のわたしは、クラスでいちばん背が低く、髪もクリクリだったためか女の子と間違われることが多く、それがとてもイヤでした(笑)

既にこの時からわたしの髪の悩みは始まっていました…

 

【タラちゃん中学生
近所の床屋さんの子供カットは〈スポーツ刈り〉か〈タラちゃんカット〉のどちらかしかありませんでした。

母親や部活の先生に「髪切りなさい」と言われると「今ちょうど良いからまだ大丈夫…」と反発!
しかし、そんなわたしの小さな抵抗は長く続きません。

結局は、タラちゃんに・・・
中学生男子として、センスのかけらもないヘアスタイルの人物になっていました。
(そもそもタラちゃんって幾つだよ!…公開〇刑じゃないか笑)

 

自由な高校生】
わたしは公立高校に行けば、自由にオシャレができると思っていました。

中学では当時ヤンキーしかやらないカラーやパーマが、
公立の高校という場所では、普通の生徒がやっているという事を、
一つ年上の兄を見て知っていたからです。

なので、
わたしは兄と同じ高校に入学しました。

高校生になってまず最初にやったことは、
オシャレなクラスメイトに行きつけの美容室を紹介してもらい〈オシャレな髪形にする〉ことでした!!!

高校に入った目的はコレだった(笑)

 

【初めての美容室のカット&パーマ】
放課後
いよいよ憧れの美容室に!
オシャレなクラスメイトに連れられてサロンのドアをくぐった瞬間の感動は
今でも忘れられません。

その空間は、
自分の知っている世界とはなにかがちがうキラキラした場所でした。

そこにいるお姉さんやお兄さんもキラキラしていて、
私には踊っているようにさえ見えました。

わたしの期待はマックスに!

事前に受けた”おしゃれなクラスメイト”のアドバイスどおりに
「マッチみたいにサイドバックで横に流れるようにパーマをかけてください」と伝えました。
※マッチ:当時のジャニーズのトップアイドル

 

(途中は割愛させて頂きます🌷)

 

そして、
その結果はなんと・・・

 

チリッチリのブロッコリー頭?!
しかも
縮まった前髪は引っ張っても3㎝くらいしかなく
オデコの生え際まで丸出しの高校生1年生に。。。

サイドブロッコリィ・・・

「イケてる」どころか「イっちゃてる感じ」でした・・・

 

その時の美容師さんは言いました・・・
「キミの髪質じゃ思った通りにならないよ!」
ショックでした・・・

「チクショウ!そんなこと言われても・・・一体どうすればいいんだ???」

それから2か月くらいは、
そんな”オデコ全開チリチリ頭”の自分を「誰にも見られたくない!」と思いながら、
アリになった気分でなんとか生き延びていたような気がします(笑)

 

そんなことで、はじめての美容室は本当にガッカリでした・・・

 

【理想】
しかし、私はここから強くなりました。
「こんな自分でもオシャレな髪形に絶対なれるはず!!!」とつよく信じ、バイトでお小遣いを稼ぎ、理想の美容室をさがしました。

 

【現実は】
残念ながらなかなか希望どおりにはいかず
「くせが強いから」「髪質が悪いから」などの理由で結局は毎回なんだか変な髪型に・・・

美容師たちは
最初は「余裕でできる」的な言動と態度でいて、
話す内容も自慢話や「シッカリしなきゃダメじゃん」とか上から目線でいながら、
結果に意見すると「髪質が悪いのが原因」と言い、
その後も親身に考えてくれる訳でもなく、正直さもなければ前向きな意見や提案すらありませんでした。

チャラチャラした奴らの言う〈現実〉という社会を雑に教えて頂いた感じでした。

10代半ばのわたしは、
身も心も八方ふさがりになり、短くなった前髪を指先で引っ張りながら毎回トボトボ家に歩いて帰るのでした・・・

チッ〇ショー!
バ〇ヤロー!
美容師なんてマジで大キ〇イだ(超ブラックユージ)

ちなみに
今でも美〇室は嫌いだし美〇師も大っキ〇イです(笑)

(美容師さんたち本当にごめんなさい!!!皆さん一生懸命に労働している良い人達というのは十分わかっておりますし、わたしの理想の美容師がどこかにいるならば、そう簡単に出会える場所にいなさそうというのが社会勉強をし続けることで、徐々に理解できるようになってきました)

・・・ってか
自分も美容師じゃん(笑)

 

【大キ〇イな美容師に】
なんで?!
わたしが美容師を目指した理由はいろいろありましたが
いちばん大きな理由は「自分の髪は自分でやるしかない!」と思ったからです。

おかげさまで、その願いはどうにか叶いました。
自分の髪を自分で思い通りにコントロールできるようにはなってきました。

 

助けてくれているのは「セルフプロデュース」の意識です☆

・【テーマ】自分のなりたい理想の世界観にこだわる
・【リクルート】それを叶えるためのツールとスタッフ選びにこだわる
・【活学】これらで得た学びは自分の健康、人間関係、経済をより豊かにするために活かす

 

X JapanのHIDEさんというアーティストが
この「セルフプロデュース」という言葉を使っていました。

わたしは美容のことは
美容学校の先生や美容師などの美容関係者のプロから学ぶものと思っていましたが
「美に対する考え方」を学ぶ上では、
自分が興味あることから学ぶのが一番早いようです。

だって
「美に対する考え方」って
美容師だからといって美に知的欲求があるとは限りませんし
美意識の高い人はどの世界にも必ずいるので。

美意識の高い子供すらいますし(笑)

だから
「美を求めて」いろんな世界観のお客さんが美容室に来るのがだんだん分かってきました。

 

「美意識の高い人から学ぶ」

そういう姿勢で毎日サロンワークをしました。
わたしは「おしゃれだなぁ」と思ったお客さんからも恥ずかしがらずに色々と聞きました。

そうやって
一般的な美容業界にはあまり深く関わらずに
美意識の高い人と積極的に関わりながらわたしとMineは成長していきました。

【くせ毛が難しい本当の理由】

「くせ毛には絶対の自信がある」と大きなことを言っておきながら
今更こんなことを言うのもなんですが・・・

正直言って「くせ毛はムズかしいです(笑)」

 

理由は・・・
わたしたちが「ステキだなぁ♡」と思う髪型の多く(ほとんど?!)は、ツヤツヤしたキレイな直毛のモデルさんからクリエイトされた作品だからです。

つまり
クセ毛の人をターゲットにしていません。
(もちろん、例外もあるとは思いますが・・)

それが分かれば
ここからが本当のスタートラインです!

みんな(一般)と同じやり方ではムリということが分かったら、
気合を入れ直していきましょう!

 

ご予約はココ→≪クリック≫