toggle
湘南辻堂・くせ毛を活かすカットが得意な美容室
2018-07-01

お肌と髪の老化の原因②〜乾燥〜

乾燥はお肌や髪の老化を早めます。

お肌が乾燥するとシワが増えます。髪も乾燥するとキューティクルが傷つきパサつき老けた印象も与えやすくなります。

特にお顔はいろんな表情をすることで筋肉の動きによりお肌を動かしますが、お肌の真皮にコラーゲンやエラスチンという成分が充分にある若いうちは弾力がありますので、元に戻る力がありますが、年齢とともにその成分は減っていき戻りにくくなります。そして小ジワから深いシワになっていきます。

その際充分な水分や油分などでお肌が潤った状態でないと溝が入りやすくなりより深いシワを作ります。

できるだけお肌と髪を乾燥させないように気を付けたいです。

 

《乾燥の原因》
・紫外線
・水道水(塩素除去していない)
・洗剤(薬剤)
・ドライヤー熱

上記4つは、日々の習慣で浴びまくっているものです。

紫外線による乾燥もそうですが、日焼け止めクリームもモノによってはとても乾燥します!ドライヤーの熱による乾燥はわかりやすいかもしれませんが、水道水は塩素プラスお湯により皮脂膜がが取れやすくなり塩素がタンパク質を壊すのでより表皮から水分が逃げやすくなったり、髪はキューティクルが壊れやすくなります。

洗剤はシャンプーや石鹸、ボティーソープなどに含まれる界面活性剤がお肌や髪のキューティクルの表面を壊しやすくします。特に石油系界面活性剤は良くないですが、それ以外でも洗浄力が強いものは負担がかかります。それにより肌表面やキューティクルが薄くなり、内部の水分や栄養素が流出しやすくなります。

《乾燥を防ぐ毎日のケア》
・紫外線→なるべく浴びないように、日傘や帽子を使用。
・お風呂やシャワーヘッドを塩素除去できるものにする。
・洗浄剤は、石油系界面活性剤や刺激のあるものは避け、アミノ酸系にする。
・ドライヤーのかけ方に注意する。

これらを怠ると、秋には髪パサパサ、お肌シワシワになっちゃいます。

こんな状態↓↓↓にしないように・・・

より詳しい情報を知りたい方はお尋ねください〜

 

 

関連記事