toggle
湘南辻堂・くせ毛を活かすカットが得意な美容室
2018-03-19

砂糖抜き1年が経ちました〜

昨年3月中旬から突発的にスタートした砂糖抜きですが、1年が経過いたしました。小麦抜きもこの1、2ヶ月ほど緩めでしたが続いてます。

砂糖抜きは30代の時も一度経験があるのでそこまですごく大変ではなかったですが、小麦抜きは一時期辛かったです。

この1年今振り返るとあっという間でした。まず、スタートのきっかけを与えてくれたお客さまK様には本当に感謝です。

あの時この流れになっていなかったらおそらく、肌質や体型、体の調子もおばさん街道まっしぐら、だったのではないかと思うと末恐ろしいです。

その後、昨夏に映画「あまくない砂糖の話」↓

これをおしえてくれた友人Mちゃん、ありがとう。

これが後押ししてくれました。

先日お越しいただいたお客さまもこの映画を観てよかったと伝えてくださいました。(TUTAYAにあったそうです!)

本当にオススメですので、特に、キレイになりたい方、健康になりたい方、若くなりたい方、ぜひ多くの方に観ていただきたいです

この1年続けてきて感じたのは、

一番のポイントは血糖値!

これに尽きる!と言ってしまいたいですが、まだ実験中なので今のところはですが。

なぜかは映画見るとわかるし、私自身もそう体感しました。

やっぱり、砂糖も小麦も合法ドラッグ!

他の血糖値を急激に上げるものもそうです。(穀物の粉類など)

脳で起こる二極化がいちばん食べ方への影響が大きいと思います

スーパーなど出回っている食材の約8割は砂糖や小麦が入っていますから、やはり、この砂糖と小麦の影響は大!意識すべき食材で、

他にも、油(油脂)や添加物、遺伝子組換え、塩、水、などの問題ももちろんですが、、

まずそれを食すことが、体が必要としているのかということ、それは脳の判断の問題です。

そこを鈍らせる大きな要因の一つが、砂糖と小麦だ、というのが今のところの私の見解です。

 

食文化はこの近年で急速に変化してきたせいで、本来ならないはずのたくさんの不自然な流れが体の中で起きています。その結果、体や心に異変が現れるのだろうって思います。

これはさらに今後も加速していくのだろうと思います。

この世の中、他にもいろんな操作がありますから、ちゃんと自分の意思で選んでいかないとです。。。

 

関連記事